1604504_10152296667043274_884883047_n.jpg
top_0125.png
1521424_10200217647282555_304914862_n.jpg
6314535275_c126eb7853_b.jpg
8217340588_7b73fa23a6_b.jpg
6314535275_c126eb7853_b.jpg
1604504_10152296667043274_884883047_n.jpg

TEDxNayabashiが開催されました。ありがとうございました!


SCROLL DOWN

TEDxNayabashiが開催されました。ありがとうございました!


top_0125.png

_


SCROLL DOWN

_


1521424_10200217647282555_304914862_n.jpg

TEDxNayabashi Concept


SCROLL DOWN

TEDxNayabashi Concept


コンセプト:受け継がれるこころ、そして未来へ

     ◇時代の変化に関わらず変わってこなかった東海人のルーツ・役割を捉え、

     ◇最先端の兆しに触れることで、次世代社会の築き方を考える

 

 

目的:東海ゆかりの文化・技術・アイデアや現代社会を生きる知恵、未来創造の一例を基に

     ひとつでも多くのイノベーションの種を参加者間のコラボレーションを通じて新たに創出する

 

     東海圏で3回目の今回のTEDxに置いて、最重視するのはイノベーションの種となる新しいアイディアや問題意識を

      ひとつでも多く生まれる様登壇者からのメッセージを基に当日の参加者間のコラボレーションを通じて創出する事です。

        プレゼンテーションの場ではなく対話を通じて新たな 価値創出の場づくりと考え、そのために全力を注いでいます。

 

開催概要

【開催日時】2014年2月22日(土)9時開場、10時開演

【開催場所】東陽倉庫(あいちトリエンナーレ納屋橋会場跡:名古屋市中区栄1-2-45

(伏見7番出口より徒歩10分:当日スタッフによる誘導がございます)

【予定参加者数】約90名

 

 ■プログラム:

9:00 - 10:00 開場

10:00 - 11:30 Session 1 "過去"

11:30 - 12:40 休憩・交流

12:40 - 14:10 Session 2 "現代"

14:10 - 15:20 休憩・交流

15:20 - 16:00 Session 3 "未来"

16:20 - 17:00 休憩・交流

17:00 - 18:30 Section 4"融合"

18:30 - 18:40 クラスフォト

18:40 - 20:30 After Party

20:30 終了

1545856_10152609810754148_2093526309_n.jpg

TEDxNayabashi ワークショップ講師:羽根 拓也

ハーバード大学で教鞭を取り、能動性を喚起する独自の教育手法が評価され、優秀指導証書授与。帰国後、株式会社アクティブラーニングを設立。国内外の大手企業(IBMSONY、博報堂等)、公的機関(経産省、JICA)、教育機関(国・私立大学等)で能動的人材の育成に取り組む。近年、企業と企業、事業者と事業者をつなぐ「知的交配」の技術が高く評価され、全国から指導依頼が殺到。アジア各国での指導も開始し、国内外の企業、公的機関に改革、イノベーションを導くファシリテーターとして活躍中。


■参加費:

    7,000円(税込)

    * 本会議ご参加費並びに、昼食費、夕食費を含みます。

 ■主催:

     TED x Nayabashi 実行委員会 (代表:宇津木 謙)


■参加費:

    7,000円(税込)

    * 本会議ご参加費並びに、昼食費、夕食費を含みます。

 ■主催:

     TED x Nayabashi 実行委員会 (代表:宇津木 謙)


6314535275_c126eb7853_b.jpg

What is TED?


SCROLL DOWN

What is TED?


TEDは、「Ideas Worth Spreading」の価値観の下、あらゆる分野のフロンティアで活躍する方々がその業界では最先端となるアイディアを発表しあうカンファレンス(TED会議)を主催する団体を指します。TEDは、Technology、Entertainment、Designの頭文字から命名されており、それらが一体となって未来を形成するという考えに由来します。しかし、現在はT、E、Dの三分野に収まらず、より多くの分野におけるアイディアを共有する場所へと発展しました。(TED会議 http://www.ted.com/)過去の歴史を紐解くと、TEDはRichard Saul Wurman氏により1984年に創設されて以来、30年に渡り数々の伝説的な発表が行われてきました。

1984年の第一回目のカンファレンスではAppleのMacintosh、SONYのWalkman等が初めて一般公開され大変注目を集めた会として知られております。近年では元副大統領のAl Gore、Microsoft社会長のBill Gates等の著名人が登壇し、世界中の教養人達を惹きつけ続けています。(TEDcomより引用) 又、2002年にChris Anderson氏がCuratorに就任して以降、より多くの人へアイディアを届けるために、講演ビデオをWEB上で無料配信するTED Talksを2006年より開始しました。現在では、常時1400を超えるプレゼンテーションがボランティアにより日本語を含め50以上の言語に翻訳され配信されております。

8217340588_7b73fa23a6_b.jpg

What is TEDx?


SCROLL DOWN

What is TEDx?


TEDx

TEDxとは、TED同様「Ideas Worth Spreading」の価値観の下、 TED参加者を中心に世界各地域で独自に開催されるプログラムです。 TEDxでは、「Ideas Worth Spreading」な生講演やTEDTalksビデオを基に 新たなつながりや深い対話を世界各地で生み出すことを目的としています。 TEDxの「x」は、各地域で独自に運営されるTEDプログラムであることを意味し TEDカンファレンスから全体の方針は提供されるものの、それ以外の コンテンツは全て独自に作成されております。 2006年にTED Talksがウェブ上で公開されたことによって、個人で見ることは 可能になったものの、TEDカンファレンスの提供するコミュニティや議論の場は 形成されていませんでした。

 

 

その様な体験を世界中で提供できる様にするため 始まったのがこのTEDxプログラムでした。 TEDxイベント開催のためのライセンス公開は、2009年から始まり ニューヨーク、パリ、ロンドンなどの大都市の他、モスクワ、ナイロビ、 クアラルンプールなど、既に世界中でのべ144ヶ国、1400以上の都市での 開催が行われております(2013年11月1日時点)。 ここ日本でも東京、横浜、大阪を始め北は北海道から南は沖縄まで 総勢20か所以上で開催されました。このムーブメントは今後も更に加速し、 拡大の一途を辿ります。

 

 

 

 

 

6314535275_c126eb7853_b.jpg

協賛企業募集!


SCROLL DOWN

協賛企業募集!


TEDxNayabashiではご協賛頂ける企業を募集しております。

TEDx運営チームは営利企業ではありません。TEDxはIdeas Worth Spreading(広める価値のあるアイデア)に共感している同志で運営しています。全員が日中の仕事がある中で活動をしています。これで利益があがるからそうしているのではなく、東海に埋もれたすばらしいアイデア、この地を刺激するすばらしい取り組み、すべてを高いレベルで融合することに意義を感じて動いています。

思想やアイデアには共感するが人的資源で協力できない、という企業様には資金面でご協力頂いております。東海を元気にするために、一社でも志を同じくできる方々に出会いたいと思っています。

全世界にTEDコミュニティが存在するとはいえ、当日の来場は90名。ネット広告や新聞への広告と比べて費用対効果が・・・という厳しいご意見も多く頂きます。広告効果としては非常に限定的です。

ただ、私達はTEDxを通して世界をリードするアイデアが共創していけるような、それぞれの領域の最先端の方で集まったコミュニティをこの東海でつくっていき、そこで今までになかったコラボレーションが生まれ続ける環境をつくりたいと思っています。そのため今回はスピーカーだけでなくオーディエンスも20名の一般枠を除き完全招待制をとっています。

そういったコミュニティの形成を通してこの東海の地に価値還元をしていきたいと思っています。

事例:TEDから派生したプロジェクトが支援し世界を変革している

TEDでは社会を変革する素晴らしいアイデアを表彰し、実現するための資金と支援を提供するTED Prizeを05年から始めており、第1回目にボノの「ONE」プロジェクトなどが選ばれている。今年はインドの教育者Sugata Mitra氏が実施する、教育の機会に恵まれない子どもたちに学びの楽しさを知ってもらうため、自由に使える街頭パソコンの設置から始まった教育プログラム「SOLE=Self Organized Learning Environments」が選ばれ、100万ドルとウェブサイトの制作など具体的な支援が発表された。さらに会場からもSOLEを運用するためのアイデアや先生を派遣するといった協力の申し出が次々と飛び出し、TEDを取り巻くコミュニティの行動力を目の当たりにすることとなった。
— http://bizacademy.nikkei.co.jp/feature/article.aspx?id=MMACz2000017042013&page=2

東海からもこのような取り組みが次々に生まれるような動きをTEDxを起点に起こしていきたいと考えています。その一員として、資金面で活動の一端を担って頂ける方は是非ご連絡を頂ければと思います。